心と世界のチューニング

ファイルを整理していたら発掘しました。数ヶ月前のメモ書き。

今のところ、これ以上は書き足せないけど、また埋もれたらもったいないので、ちょっとだけ体裁を整えてアップしておきます。

心と世界。

調和だと、ちょっと高尚すぎる。

境界の消去だと、ふたつのものの和になってしまう。

止揚だと、新しい特定の何かが生じるかのようだ。

そうではない。関わり合いを精緻にしていくのだ。

呼吸や瞑想を使って。

それならばチューニングという言葉がちょうどいいかもしれない。

ただし、心と世界を直接関わらせることはできない。

身体を介在させなければならない。

だから2箇所でチューニングを合わせる。

心と体、そして体と世界。結果として、心と世界のチューニングも合うはず。

心が体に気づき、そして世界に気づいていく。

世界も体に気づき、心に気づいていく。

より気づき、よりチューニングが合うにつれ、時間は経過する。

成長という意味での時間の動性。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です